123で宇宙の向こうへ


ASIAN KUNG FU GENERATION - Yuugure no Aka

日々、徒然。

 

10日まえ、真昼間に子供を産んだ。

少しだけ清廉なこころを持って夜が明けるのを待つ。

 

このブログのテンプレートは縦書き表示が出来る。

縦書きで思い出すのは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの歌詞カード。ロックなフィーリングであるのに情緒豊かな日本語の響きを彩りを加えたマーブルアイスの様に練りこませてある。情熱を抱えて創作している彼らにとても魅了されている、今も。

 

『24時』『夜の向こう』『夕暮れの紅』など雰囲気が好きだ。『夕暮れの紅』なんて懐かしすぎて涙する。好きなものを雰囲気で選びがちだ。目に見えぬものを表したい気持ちに共感する。そういう作業はとても人間的であるから好きなのかもしれない。コンピューター社会であるからこそそういう表現に飢えてきたし求めている、年々強まる想い。

情熱は夜が明ける時の暁光のように美しいものだ。暁光の強すぎるくらいの力や熱さを感じられる人や作品を生きている内に沢山感じられたらとおもう。

 

夜明け談話はこの辺で。